住民税を減らす


前年の所得を元に決定され、6月から納付開始となる住民税。 この住民税確定後

  • 退職
  • 病気
  • ケガ
  • 災害

などで 収入が減少した時に申請ができる減免制度というのがあります。   私は昨年 下記のような流れで減免措置を受けました

  1. 2017年6月末退職 → 6月の住民税9400円が最終の給与から天引きされる
  2. 退職後 7月31日期限の住民税納付書が届く
  3. 収入が減少した事による減税措置について電話で問い合わせ
  4. 市税事務所に、納付期限の7月中に市税事務所に必要書類を持って相談するよう案内を受ける
  5. 7月24日 市税事務所窓口へ行き、書面にて減税申請。 申請が認められれば8月に通知が届くので 7月31日期限の住民税納付は通知後にするよう案内を受ける
  6. 8月15日 課税額変更通知の書類が届く

 

 

書面によると・・・

 

年税額 変更前 102900円 → 変更後 46800円

平成29年度の住民税 課税額の変更を通知しますと。

 

なんと

56100円 の負担を減らすことができました!!

 

前年の所得制限があるなど 市町村によりその制度の内容は違うものの

該当するかどうか 問い合わせして良かったです。

 

また、このような不測の事態の減免に加え、 ふるさと納税の利用で住民税の寄附金控除の適用を受けられる場合があるようなので 是非利用してみようと思っています。