HOME「楽しく心豊かな暮らし」を求めて


「楽しい暮らし方」というと、羨ましいくらいに自由な暮らしぶりをしている方を思い出します。

日本でレストランのマネージャーを勤めていたフランス人男性なのですが、定住地を作らず世界中を移動しながら仕事をこなし、ご夫婦で暮らしている方です。家も家具も車も持たず、持ち物は主に衣類と靴を高級ブランド品に厳選し、6ケースくらいの箱に収まるように持っているそうです。フランス語はもちろん英語も日本語もスペイン語も堪能ということに加え、新しい環境への順応性もあるので、一つの職場で一区切りをしたら、ためらうことなく次の目標に向かっているという、間違いなく彼にとっての楽しい暮らしを実践している人です。

一方で、私がもしその状況であった場合はストレスで大変だったと思います。最低でも定住地は欲しいので・・・。要するに何が楽しい暮らし方かは、自分の感性次第という事でしょうか。

「豊かさ」という点ではどうでしょう? ほとんどの人は、お金がたくさんあれば豊かだという認識になると思います。

しかしながら銀行に残高がたくさんあっても活用せずに、何もしないのは豊かなのか?
借金はしていないけれども、高級車を何台も買ったり、買い物依存症になっている人はどうなのか?
そもそもお金がないと豊かではないのか?

そう考えると、お金=豊か ではない気がします。
この問いかけに対しては100人いれば、100通りの答えがあるという事ですね。

このシンプルな問題を日々、考え続けたいと思います。

らびらぼ 研究員