今年もキタ〜!花粉前線2019


東京都心部に雪が降ったり、まだまだ寒さは続く中でも、確実に春の訪れは近づいています。

春といえば、花粉の季節です。暖かくなって嬉しさ半分、ツラさたくさん!

重症化すると、鼻呼吸できずに眠れない日々が続くのですから。。。

今年はどうなるのでしょうか? 

6年ぶりの花粉飛散量?

昨年夏の酷暑を受け、今年のスギとヒノキは、大量飛散となるというニュースがありました。

気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)は10月1日、2019年春のスギとヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉飛散予測を発表した。花粉飛散量は、全国平均で2018年春の3倍近くになる可能性がある。
ウェザーニュースによると、2018年の記録的猛暑の影響で、スギ・ヒノキの雄花が良く育つ環境が整ったことにより、東日本を中心に6年ぶりの大量飛散となる見通しだ。

引用元:HUFFPOST
引用元:tenki.JP

キャ〜 怖い!

本格的に飛び始める前に、何とかしなければ・・・

予防と対策は?

薬を飲むだけで安心してはいけません。。。

自宅でできる予防と対策

自宅でのちょっとしたひと手間で花粉の侵入や付着を防ぎます。
・窓やドアをこまめに閉める
・こまめに部屋の掃除をする
・空気清浄機などを活用する
・洗濯物を取り込む際、花粉を持ち込まない
外から帰ったとき、花粉を家の中に持ち込まない
・手洗い・うがい・洗顔を徹底する


外出時の予防と対策


〇マスク
花粉対策用マスクは自分の顔にフィットしたものを。花粉の侵入を7~8割以上カットできる機能的なマスクも、顔との間に隙間があると効果が弱まってしまうため自分に合ったものを選びましょう。
〇メガネ
花粉対策用のメガネも自分の顔にフィットするものを選びましょう。
〇花粉がつきにくい衣類
シルクやポリエステル、綿や麻など表面がなめらかな素材。花粉は静電気によっても衣類に吸いつくため、衣類に帯電スプレーをかけることで花粉の付着を軽減できます。

引用元:【2019年 花粉情報】地域ごとの飛散量予測と花粉症対策について

うっかり持ち込み花粉は要注意

「窓を開けない! 洗濯物を外に干さない!」と頑張っているのに、何故か症状が改善しないという場合、外からたくさん花粉を持ち込んでしまっているのかもしれません。

実際に衣類に付着している花粉ってすごいらしいです。

花粉症が関係ないという家族の人にも協力してもらわないといけませんね〜

ライオン株式会社による『持ち込み花粉』に関する実験結果によると、ウールセーターやポリエステルフリース1枚に付着した花粉は約10万個であり、1時間の換気で窓から侵入する花粉数より、6倍以上も多い花粉が衣類に付着しており、圧倒的に「衣類に付着して家の中に持ち込まれる花粉」が多いことがわかりました。

衣類の表面の凹凸の状態によっても、花粉の付着しやすさが変わります。外側に着る服は、花粉が付着しにくい「平滑なもの」を選ぶと良いでしょう。

引用元:8割以上が室内への『持ち込み花粉』を感じている!「衣類の花粉ケア」が対策のカギ

花粉を持ち込まないように、衣類に静電気防止スプレーを使うのも有効です!


業務用 クリーニング屋さんの静電気&花粉ガードスプレー 静電気対策 静電気 除去 静電気防止スプレー 花粉対策 帯電防止剤 無香料 たっぷり300ml 日本製

やる事が増えて忙しいですが、不快な症状を少しでも和らげる事が出来れば良いですね♬

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村