2019秋の携帯電話料金改定は、どこまで?


「この秋、携帯電話の料金プランが大幅改定」というニュースが、ありました。

携帯電話料金、今秋大幅見直し 違約金の上限千円、割引も規制

総務省は18日、携帯電話料金見直しを検討する有識者会議を開いた。2年契約を中途解約する際の違約金の上限を千円に規制するなどとした省令改正案に関し大筋で一致した。携帯大手各社の9500円から大幅に引き下げ「2年縛り」と呼ばれる高額な違約金による囲い込みを是正する。2年契約の通信料の割引額も制限されるため、各社は料金プランの大幅な改定を迫られる。総務省は省令改正を経て、今秋に施行する改正電気通信事業法とともに導入する。

引用元 : ライブドアニュース

具体的な見直しのポイントとしては、

  • 2年契約の中途解約の違約金上限を1000円
  • 2年契約の通信料割引の上限を月170円まで
  • 携帯端末の割引上限は2万円、通信契約継続が上限の割引禁止
  • 楽天を含めた携帯会社大手が規制対象
  • 長期契約の利用者への特典に上限を設ける

割高だった価格を値下げにつなげる意図だということです。

これで、どのくらい安くなるのでしょうか。

たぶん月々1000円台のSIMフリー料金ほどには安くならないでしょうね・・・

日本ではまだまだ割合が少ないSIMフリー契約

  • 使っている人がまわりに少なくて、情報も限られ不安だから
  • 乗り換えが面倒だから
  • 複雑なことは考えたくない

など、多少割高でも今の契約を続けるという人は、多いみたいです。

SIMフリーに切り替えるまで

結構ハードルが高いですからね。

SIMフリー歴4年の私は、今でも切り替えの時の大変さをよく覚えています。

格安SIMを契約して3年の感想という記事にもしましたとおり、大変なポイントは、

  • SIMフリー携帯選び← その当時選択肢が少なかった
  • SIM選び ← 一社でもプランが様々
  • 自分の月々のデータの使用状況確認←適したプランを選ばないと無駄になったり、通信制限がかかりストレスに
  • SIMを挿してからのセッティング ← 手順に従えば大した作業ではないものの、慣れてないと時間と手間がかかる

という事でした。

それでも乗り換えてしまった後は、月々の料金が5000円から、1200円前後になったので、本当に苦労が報われた思いです。

迷っている方は、本当に安くなるので、ご検討されてはいかがでしょうか♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ