高プロ制度が牙を剥く?


政府は、労働環境の改善を掲げ、「働き方改革」として、一億総活躍社会実現をめざしています。
これは、「長時間労働の改善や、正規非正規社員の格差の是正が目的」という労働者にとっては一見 嬉しい内容に思えるのですが、過労死で家族を失った遺族は猛反対し「これ以上死者を出さないで!」と訴えています。

どちらが正しいのでしょうか。

働き方改革法案で問題となっている高度プロフェッショナル制度(「労働時間、休憩、休日及び深夜の割増賃金に関する規定は、対象労働者については適用しない。」)については以下のような意見があります。

高プロは、労働者にとって、労働時間規制による保護を失うだけで、法律上何らのメリットも約束されていません。法律上のメリットを受けるのは使用者だけなのです。
東京法律事務所Blogより

私もそう思います。やはり政治家は、企業の経営者の意見に触れる機会が多いから、こういう案が出てくるのでしょう。経営者にとっては、大変メリットがある制度ですよね。

そして現時点では、高度プロフェッショナル制度は年収1075万円以上が対象とされているので、多くの人が関係ないと済ませがちですが、この数字が徐々に下げられ多くの人に適用されてしまう危険性もはらんでいると言われています。

真面目に頑張る人は、過労にも気づかず、無制限に働き続ける心配があります。しかも割増賃金ももらえずに・・・

これが、自分が経営者だと同じ労働時間でも全く違う話になってくるのですが。

モチベーションを持って、会社経営の為に長時間仕事をする経営者と
「やれ」と言われた仕事が終わらずに、長時間勤務する労働者と

日本では、身を粉にして働く人を素晴らしいと奨励するような空気がありますが、絶対そんな空気に飲まれてはいけません!

ストレスで体調不良になったり、自律神経が乱れたり、血圧が上がるなど少しでも症状が出たら、病院へ行きましょう。
あらゆる場面で、医師の診断書は有効です。パワハラも音声を録音するなど、記録をする事もいいですし、深刻化しないうちに早めに手を打った方が良いと思います。

命は一つしかありませんからね。