電気代節約の為に出来ること② エアコンの節電 


猛暑日に心配な電気代

昨日は35度を超える真夏日で、全国的に猛暑だったようです。
エアコンの設定温度を27度にしても室温がなかなか下がらず、動いていなくても汗ダラダラでした。

設定温度をもっともっと下げたくなりますが、心配なのが電気代です。

エアコンの電気代はトップ

電気代の高い家電ベスト5は以下の通り

1. エアコンの電気代は年間約16,000円~50,000円

2. 洗濯乾燥機の電気代は年間約9,500円~23,000円!

3. 食器洗い乾燥機の電気代は年間約15,000円

4. 冷蔵庫の電気代は年間約8,400円~10,000円

5. 照明器具の電気代は1台あたり年間約3,200円

引用元:
【2018年最新版】電気代の高い家電11選、一番電気代のかかる家電とは?

エアコンは堂々の第一位となっていますね。

そして、年間電気代が16000円 から 50000円と幅があります。

これは、部屋の広さによるもので
6畳向けが、16,767円で、
18畳向けが50,166円という事です。コンパクトな住まいは、それだけで節電できるというわけですね。

 

エアコンの設定温度と電気代の関係は?

enepiによると、設定温度18℃28℃の電気代の違いは、

  • 1人暮らし 約1,500円/月
  • 4人暮らし 約2,700円/月

だそうです。

設定温度も重要だということがわかりました。

 

自動運転が一番電気代を抑えられる

エアコンは室温を設定温度にするまでが一番電気代がかかるので、意外な事にこまめなオンオフは逆効果だそうです。

自動運転が一番電気代を抑えられオススメです。

その他出来る事を含めまとめますと、

エアコンの電気代節約ポイントまとめ

  • 扇風機の活用
  • 設定温度は夏は28℃、冬は20℃
  • 2週間に1度フィルター掃除
  • 自動運転で こまめなオンオフはしない
  • 室外機回りに物を置かない
  • 窓用の断熱シートを貼る

電気代の高い家電NO.1であるエアコンを上手に使って、エコに快適に過ごしたいです♪