進むセルフレジ


コンビニのローソンが、東京都内の3店舗で無人セルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を始めました。
顧客がスマートフォンに事前にローソン公式アプリをダウンロードし、自身のスマホでバーコードを読み取り商品を決済するという仕組みです。

この実証実験は2018年4月23日から5月31日まで行われ、実用化を進めることでレジの混雑緩和と従業員のレジ作業を軽減し、業務の軽減や生産性向上を目指すものだということです。
株式会社ローソン アプリを利用した店内どこでも決済 4月23日(月)より東京都内の3店舗にて実証実験スタート

特に一つだけ買いたいというような時、長蛇のレジに並ばなくても良いのはありがたいですね。

以前 イオンのスーパーでセルフレジのブースを選び、お会計をした事があります。
沢山のセルフレジがあるので、すぐに会計作業に入れました。

  1. バーコードの機械に1点ずつかざし
  2. 合計金額が出たら クレジットカードか現金かを選びお会計
  3. 袋詰めをする

という流れです。スーパーの店員さんって こういう作業をしているのかということがわかり、楽しく感じた一方で、隣で年配の女性が、バーコードと格闘していて、通す作業が上手くいかなかったのか「全くもう!!」と、怒っていた姿が印象的でした。

全てセルフになると、たくさん買い物をしたい時など人によっては、面倒に感じるのかも知れません。

またスマホアプリ前提で業務効率化が進むとなると、買い物、銀行業務、コンサートチケット入手、セルフプリント・・・手軽で便利に出来るようになる反面、スマホを持たない主義の方々が、どんどん不便になっていくのでしょうか。。。

人手不足解消に「無人レジ」導入へ 大手コンビニが実験