連続熱帯夜!眠るためのエアコン設定


岐阜県多治見で40.7度!

昨日(2018年7月18日)は、 岐阜県多治見で40.7度となり、例年の最高気温を8度上回ったというニュースがありました。

いくつかの要因があり、

太平洋高気圧+チベット高気圧+
フェーン現象+熱蓄積+降水なし

という条件が重なったらしいんですが、何とも異常な温度です。

この日は、全国で消防隊出動件数は2900件と過去最多だったのに加え、この先数日はまだまだこの暑さが続きそうです。

蓄積する暑さとだるさ

毎日この暑さが続くと、体もしんどく熱中症の引き金となってしまいます。睡眠も大事なんですが、しっかり眠れているのか・・・

以前の記事 眠れてますか?では、ハイクオリティな睡眠の条件をあげましたが、
この中で

  • 眠っている途中で目が覚めたりしない
  • 寝起きがスッキリ
  • 起きた時に疲れが取れた感じがする
  • 日中眠気がない

というポイントが、暑さのせいで損なわれているような気がします。

夏バテを防ぐ熱帯夜の室温設定

 

  • 室温は26度以下
  • 湿度50%前後
  • 寝付いてから3時間はつけておく
  • 「扇風機のそのまま使用」は、こむら返りや倦怠感を招く

熱帯夜の危険な眠り方…健康に悪い睡眠法・よい睡眠法より

また 「夜に水分を控える」と、心筋梗塞や脳卒中での死亡リスクもあるので、眠る前に500ミリリットル以上の水分をとるといいそうです。

オススメ設定温度は「26度以下」とけっこう低いですね。

個人的には

27度でも寒くなってしまいました。

なので、

  • 室温は29度
  • エアコンは止めない
  • 眠る前にコップ1杯の水を飲む

という条件が、調子が良い気がします。

体感温度も人それぞれなので、個々の体調を良く考えながら無理せず、快適に過ごしたいですね。