通勤中の怪我 その時

最終更新日


通勤中に大怪我をしてから一年経ちました。

一年前の今日、会社へ向かう途中に電車を乗り込む際、人の足に引っかかり転倒しました。かなり痛みはありましたが、まず会社に行かなければと出勤しました。

仕事中も痛みはずっと続いていたものの、打撲のみだと自己判断し病院へは行きませんでした。数日後、有給休暇が取れたので病院に行ったところ、左上腕部を骨折していた事がわかりました。

人生初の骨折・・・

通勤途上の事故だったので、「労災申請」をしました。労働災害にあたるかどうかは労働基準監督署の認定によるものですが、認められれば、ほぼ自己負担金がなく労災指定病院で治療を受けられます。

申請手順

  1.  厚生労働省 所定の労災保険給付関係請求書等ダウンロードhttp://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousai/rousaihoken06/index.html
  2. 会社へ報告し届出書を作成(認定の書類は、病院用と薬局用の2通作成した方が良い)
  3. 管轄の労働基準監督署に届け出を行う。
  4. 申請許可の書類を受け取る。
  5. 労災指定病院の窓口へ提出し、受診。

※労災指定病院でない場合は、一旦全額を負担しなければなりませんが、後から支給を受けられます。

厚生労働省の書類作成にあたっては、事故の日時、事故状況と場所の詳しい説明を書かなければならないので、忘れないうちにメモなどで作成しておくといいと思います。

ちなみに労災扱いではなくても、仕事に支障が出るような病気になったり怪我をしたら、会社を辞める前に病院にかかっておく事をお勧めします。

というのは、ハローワークに申請する段階で医師による証明(退職時は業務遂行が困難であり、現在は就労可能という内容)があれば、離職理由が自己都合であっても「体力不足・心身障害などにより業務遂行が困難になった」という特定理由離職者となります。

特定理由離職者の優遇措置

  • 役所へ申請すると、国民健康保険料や住民税が軽減される場合があります。
  • 失業保険の3カ月間の「給付制限期間」がなくなります。

とはいえ、怪我や病気は避けたいものですね。健康が一番です!