薬も毒? 花粉症薬を「減らす」から、「飲まない」ように


花粉症の薬の副作用が怖いと思い始めてから、薬を減らすことにしました。

市販で売られている薬も、副作用で大変なことになることがあるようです。

「市販の安い点鼻薬を長期的に使い続けると、かえって症状が悪化する場合があります。アレルギーの内服薬も同じで、なかには眠気をもよおしたり、緑内障を悪化させたりするなど、使い方が難しいものもある。例えばクロルフェニラミンマレイン酸塩やクレマスチンフマル酸塩が含まれる薬がそれに当たります」
 全国のドラッグストアで販売されている薬にも、これらの成分は含まれている。アレルギー薬を使用する際は、医師や薬剤師に相談して、慎重に購入した方がよさそうだ。

引用元: 医師がのまない総合感冒薬、PL配合顆粒は注意が必要

薬を減らし始めて1週間の経過

3月5日 一日2回の薬を1回にする

3月6日 全く飲まない

3月7日 薬を1回飲む

3月8日 全く飲まない

3月9日 全く飲まない

3月10日 朝からくしゃみと鼻水が止まらず、やむなく薬を1回に2錠飲む

3月11日 全く飲まない

3月12日 午前中、くしゃみと鼻水がかなりひどい。薬に手を伸ばしそうになるが、飲まない

3月13日 全く飲まない & 症状も軽い

薬を飲んでも、飲まなくても同じ?

3月9日、花粉がさらに飛び狂う中、出かけたのがあだになってしまいました。

マスクなんて、ただの気休めで、翌朝、くしゃみと鼻水が止まらず、止むを得ず薬を飲んでしまいました。

まあ楽になりましたが、何となく敗北感が残ります・・・

そして、次のヤマが3月12日の朝訪れ、本当に苦しかったのですが、今度は飲まずに頑張りました。

苦しい時は、一体これ何の闘いなのかとイヤになりますが、薬を飲まずに症状がなくなったので、良かったです。

しかし、逆に言えば、薬を飲んでも飲まなくても時間が経てば、症状が治まったということになります。

そして今日は、花粉情報で非常に多いと言われている中、マスクをして外出しましたが、その後あまり症状は出ていません。

花粉が多いからと言って、症状が出ない場合もあるので、このまま行けるかなぁ。
様子を見ながら、続けていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ