背筋が伸びる最終日 NHK「メンズマッスル体操」④ 背筋


【みんなで筋肉体操】全てのプログラムが揃いました

一日目・・・腕立て伏せ

二日目・・・腹筋

三日目・・・スクワット

四日目・・・背筋

最後は背中・・・

やはり順番にも意味があるのでしょうね。

「語れる男の背中をつくる」のテーマでフィナーレを迎えます。

 

最初のメニューは マニュアルレジスタンスローイング

逆三角形の背中を作るトレーニングです。

女性がやったら どうなるのでしょう?

男性のように逆三角形は難しいですが、ウエストのくびれをクッキリ作れる気がします

マニュアルレジスタンスローイングの方法

  1.  お腹の前で手を組み両手で強く引き合う
  2.  2秒かけて右後ろへ引く
  3.  2秒かけて左後ろへ引く

左右に12往復

負荷をかけるのは、自分の力のみ!

「だから絶対に」 と先生が言うと

「自分に甘えない」 
4回目にして初めて言葉を発した武田真治氏!!
びっくりしました〜〜

次はフルレンジ・ノンロック・スーパーマン

背中全体を鍛えるメニューです!

フルレンジ・ノンロック・スーパーマンの方法

  1. バスタオルをお腹の下に置き、うつ伏せになる
  2. ゆっくり体を反らせる
  3. 2秒かけて手足を出来るだけ高く上げ、最後にキュ〜っと力を入れる
  4. 2秒かけて丁寧に下ろす 手足の先は床につけない

3〜4を10回繰り返す

 

手足をあげる時、スーパーマンみたいに高く高く〜〜!

なんか妙にハイになっちゃいます

背筋の場合、負荷は自分次第

どおりで、他の筋トレより優しい気がするわけでした(笑)

しかしながら

「やみくもに筋トレしても効果なし」

先生の言葉が胸に刺さります。

正しいやり方でやらないと・・・

 

理想の超回復イメージ

  1. 筋トレして疲労
  2. 筋肉痛があるうちは休息期間
  3. 休息期間中は食事で必要な栄養補給する

結果 → 前回のトレーニング時よりも

レベルアップして回復 = 超回復

一言で言うと、超回復理論の趣旨は「筋トレは毎日やるな!」ということです。

超回復理論 – 筋肉を発達させる効果的な頻度・休息・回復期間より

同じ部位は毎日鍛えないという「超回復の理論」に基づき

今後は、腕立て伏せ&スクワット と 腹筋&背筋 の組み合わせで一日置きに取り組めればいいなぁと思います。

 

比嘉一雄の自重筋トレ 胸・腕・背中編[雑誌] エイムック


もっときれいになる 女子の筋トレ DVDブック


1日3分! ジムに行かずにマイナス5㎏! 自宅筋トレ 続ける技術


新版 これ1冊できちんとわかるピラティス

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ