有利? 不利?早生まれの人

最終更新日


平成最後の月である4月の1日に、友人が出産しました。

直前まで、「4月2日までお腹の中にいてほしいな〜」と言っていたのですが、こればかりは自然の成り行き。無事産まれてくれただけで、本当に良かったです。

でも何故、4月2日生まれを望んだのでしょう。

理由としては、4月1日生まれだと超早生まれとなり、保育園の問題があるのだそうです。

昔から不思議だったのですが、4月1日生まれと4月2日生まれの間に学年の区切りがある理由は何でしょう。

なぜ4月1日生まれは、早生まれなのか

年齢を換算する法律では、生まれた日を1日目として換算し、年齢を重ねるのは生まれた日の前日の午後12時だと定められています。4月1日生まれは前日の3月31日に満6歳であるとみなされるので、早生まれに当てはまり、翌日の4月2日生まれの人とは別の学年になるのです。

引用元 : 早生まれって何月のこと?早生まれの基礎知識とメリットやデメリット

年齢を換算する法律が、決めているわけなんですね。。。

何とも、分かりづらい。

子供時代を思い返してみると、同じ学年の中で早生まれの子は、体も小さく大変そうでした。

早生まれは、何が不利?

  • 最初から空きがある0歳児枠で、保育園に入りにくい
  • 児童手当、医療費助成金、受取額が少ない
  • 学年の中で一番遅い生まれなので、体力、学力が劣る傾向

年度で決まる国の手当などは、生まれた学年の中で遅いほどもらえる期間が少なくなったりして、社会保障面でも不公平を強いられています。

サポートしたい早生まれ

経済的な面だけでなく、成長面でも、ほぼ1歳近く年が違う子と学年が同じというだけで横並びになって比べられてしまうので、子供も親も本当に大変です。

子供に期待するあまり、ついつい他の子と比較してしまいがちですが、できることが遅くても、遅く生まれているのだから当たり前。

子供が劣等感を感じたり、自信を無くしてしまうという流れを作らないよう暖かく見守ってサポート出来たら良いですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ