春の断捨離⭐︎ドキドキ フリマ体験



ライブドアニュースによると、アメリカの家庭に眠る不要品「かくれ資産」は930億ドル だそうです。

米国では、クローゼットや引き出し、車庫に不要品をためこむ世帯が増加しており、米国人のうち5人に1人が収納スペースをレンタルしている。こうしたレンタルスペースの数は、スターバックス、マクドナルド、そしてサブウェイの合計店舗数とほぼ同じ規模だという。

引用元 : ライブドアニュース

そこに目をつけたメルカリ! 抜け目ないですね〜

米国法人を立ち上げていたとは知りませんでした。

他人が不用品をため込んでいるのを見ると、処分すればいいのにと軽く思うのですが、人のことは言えないです(^^;;

私も使わないでしまいこんでいるものがたくさん!!

いざ自分のこととなると捨てるとしてもエネルギーがいるものですね(笑)

中には、捨てるのにはもったいないと思われるものもあったので、今回はフリマに挑戦してみることにしました!

いざ断捨離! メルカリか? ラクマか?

フリマアプリでは、テレビコマーシャルで簡単さをアピールしている「メルカリ」と、楽天が母体となっている「ラクマ」が有名です。

どちらも登録料は無料ですが、出品したものが売れた時に手数料が大きく違います。

どこで出すかのチェックポイント

手数料、売れやすさなど条件が様々ありますので、納得ができるものでまず試そうと思いました。

2019年4月4日現在の販売手数料で見ると、

メルカリは、10% に対し、 ラクマは、3.5% です。

人口比は、メルカリが圧倒的に多いようですが、手数料の安さから、ラクマを選びました。

登録から、出品&販売までの時系列

4月1日 登録

4月3日 シューズを出品 4枚の写真と、商品説明が必要でした。傷や汚れなどの状態をしっかりと・・・

その日にコメントや、いいねが入りましたが、コメントは日本語がおかしくて「本物そっくりのブランド品が欲しければ、ライン登録して」とか、明らかに怪しいものでした。

削除すると共に、運営側に通報したり、なかなか手間もかかります・・・

4月4日 午前9時頃 800円値の引き交渉がありました。

コメントでのやり取りで、値下げ300円で落ち着き、交渉成立!!

出品した商品の編集機能で、金額を訂正

午後、入金連絡あり → 取引画面のステータスが「発送してください」に切り替わる

発送準備 → 商品を箱に入れ、丁寧に包装 

発送方法は全国一律送料のラクマ定額パック利用♪

【ラクマ定額パックの特長】
・送り状はプリントアウトされるから、手書き・のり付けが不要で簡単
・小~中サイズを定額(全国一律)で配送できるから、送料込みで出品しても安心
・売上金から送料が自動で引かれるから、お財布から現金を出す必要なし
※宅急便コンパクトの箱は、現金のみで購入可能です。
・ご利用の皆さまは配送状況がわかるから、受け取りも安心

引用元 : ラクマ定額パック(ヤマト運輸)

最寄りのファミマへGO

  1. スマホで出したQRコードを機械に読み込ませプリントアウト
  2. プリントしたものをレジへ持っていく
  3. 送り状が出るので、梱包したものに貼ったシールの中に入れる

自宅へ戻り、発送した旨の連絡をしました。

お届け予定は、明日の午前中で受け取った方が商品の評価をしてくれるのを待つという段階です。

評価を積み重ねないと・・・

双方が評価し合い、履歴が残る仕組みなので、始めたばかりは信用がありません。

なので、昨日出品したばかりの超ビギナーの商品を今日 買ってくださった方に感謝しかありません。

が、喜ぶのは明日良い評価を受けてからですね・・・

怖いなあ〜 

とりあえず今は、自分がすべきことをやったので達成感を感じています。

さあ〜 これからお花見に出かけようかな!

(追記)配達完了後の評価

4月5日 午前10時半頃 相手の方が荷物の受け取りを完了しました。

品物を確認した後に評価を受けることになります。

同時に、こちらも購入者の評価をつけなければ取引は完了しない仕組みです。

評価を付けるまでは、お相手の評価は見ることが出来ないようになっています。

連絡や交渉が迅速に進んだので、私は購入者の方に良い評価をつけました。

そして、相手の方の評価を恐る恐るみたところ・・・

星5つの良い評価をいただき嬉しかったです!

これから少しずつ出品していくモチベーションになりました💓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ