日本唯一!揚浜塩田の塩


脇役がちな調味料ですが・・・

「料理を食べた後に、いつまでも化学調味料の味が舌に残り不快」などと表現されます。素材は通り過ぎても調味料の味は舌に残る気がします。実は調味料の影響は大きいんですよね。

なので調味料を買う時は少々時間をかけ、中でも種類が豊富な「塩」については、天然塩の中から選んでいます。

天然塩はミネラル、栄養が豊富

天然塩と精製塩との違い

天然塩と精製塩の違いは、第一に加工や添加がされているかどうかです。
そのほかの違いは、精製塩にどんな加工がされているかによって変わってきますが、一般的に精製塩は、不要物をできるだけ取り除こうとする傾向が強いです。つまり、ナトリウムの占める割合を高めるということなのですが、このとき、ミネラル分も一緒に取り除かれてしまうため、成分がほぼナトリウムのみになってしまうのも精製塩の特徴です。実際、食塩などはナトリウムが99%以上。
ミネラルをはじめ、栄養分が豊富であることも、天然塩と精製塩の違いだと言えるでしょう。
天然塩とは? ~精製塩との違いや見分け方~ より

玄米と白米の違いに似てますね。

原材料名をチェック

  • 自然塩は「海水」
  • 精製塩は「天日塩」等

と書いてあるので、パッケージ裏の商品説明をチェックしてみると分かります。

偶然の出会い

先日お土産にいただいたのが、「奥能登揚げ浜塩田のお塩」です。

 

粉雪のようにふわっとしたお塩、まったく辛みのない滋味深いお味でした。

「これは美味しい!」

興味を持って調べてみると・・・

まさに手塩にかけて作られた塩

日本で唯一 江戸時代から続く揚げ浜式製塩方法は、国の重要民俗文化財にも指定されているそうです。

海水をくみ、撒いて砂を集めてかん水をとる・・・「潮汲み3年、塩撒き10年」といわれるほど地道な作業を繰り返す揚げ浜式塩田は、「手塩に掛ける」という言葉の語源でもあるそうです。

江戸から続く日本唯一の伝統・揚げ浜式製塩法。こだわりの塩を食卓に より

 

早朝からの海水撒き、過酷な塩田作業、夜通しの釜焚きから作られた有難いお塩なんですね。

 

奥能登揚げ浜塩田 しお 80g 1個 塩 海水塩 天日塩 調味料 揚げ浜式製塩法 希少な塩 旨味 ソルト 日本 石川県 奥能登 能登半島 珠洲 メール便配送 代引不可

価格:662円

天ぷら、パスタ、サラダにかけても素材の味を引き立ててくれますよ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ