日本における「クイーンの日」来日公演決定!

最終更新日


来年1月! 決まりましたね〜

「ボヘミアン」ヒット受け来年1月

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットを受け、「クイーン+アダム・ランバート」が来年1月に来日公演を行うことが決まった。1975年に初来日して羽田空港に降り立った「クイーンの日」にあたる17日、明らかにされた。

引用元 : 朝日新聞DISITAL

【2018年11月公開映画】「ボヘミアン・ラプソディ」では、懐かしいフレディ・マーキュリーの歌声に聴き惚れ、クイーンの華やかな活躍の裏にあった知られざる秘話に触れることができました。

親日家 フレディ・マーキュリー

日本に来た時、ファンの歓待を受けて日本が大好きになったフレディ。

その後は、自宅に日本庭園を造ったり、東京の老舗で買い求めた和紙を、豪邸を飾る壁紙にしたり、すっかり親日家になってくれたんですね。

フレディが日本のファンのために作ってくれた「手をとりあって/TEO TORRIATTE (Let Us Cling Together)」、その美しい日本語の歌詞とメロティーが大好きです。

天国のフレディも、クイーンがまた日本でライブをすることになって喜んでくれているでしょう!

今回、クイーンのライブでボーカルをつとめるのは、アダム・ランバートです。

Who is アダム・ランバート?

2014年にも日本でクイーン+アダム・ランバート『ライヴ・イン・ジャパン サマーソニック2014』を開催していました。

もともと舞台俳優、クルーズ客船のシンガー、ミュージカルのキャストとして活動していた彼でしたが・・・

アメリカの人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』にアダムが出場し、その際にゲスト出演していたブライアンとロジャーが彼の歌唱に圧倒されたことが、そもそもの始まりだった。いくつかのTV出演などの機会を経ながら、クイーン+アダム・ランバートは2012年に本格始動。そして、2014年の<サマーソニック>は、その布陣での初の日本上陸の機会となったのだった。

引用元 : クイーン+アダム・ランバート、“伝説誕生の瞬間”を再び

ブライアンとロジャーを圧倒したボーカルとは?

もともと歌唱力がなければ、こなせないクイーンの曲。

フレディの印象が強いだけに難しいと思われますが、それを難なくこなすだけでなく、完コピもしていない・・・

全く別物でありながら、その音域と妖艶さはフレディとの共通点かもしれません。

QUEEN + ADAM LAMBERT 気になる日程は?


QUEEN + ADAM LAMBERT
THE RHAPSODY TOUR

2020年1月25日(土)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月26日(日)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月28日(火)大阪 京セラドーム大阪
2020年1月30日(木)名古屋 ナゴヤドーム

 
■チケットの詳細はクリエイティブマンのウェブサイトにて4/26(金)に発表となります。
▼詳細はこちら
http://www.creativeman.co.jp/
 
■5/1(水)よりクリエイティブマン会員(3A・モバイル)最速先行を実施します。
https://www.cmp-members.com/

引用元: UNIVERSAL MUSIC JAPAN

すぐに売り切れちゃいそう・・・ でも、行きたいな〜 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ