放置は危険! 手荒れが重大なアレルギー発作に繋がることも・・


アナフィラキシー ショックをご存知ですか?

アレルギーの原因が体内に入ることによって、複数の臓器に作用し、強いショック症状が出る反応です。

  • 血圧低下
  • 呼吸困難
  • 意識障害など

命にかかわる危険な状態に陥ることもあります。

 

 

 

アナフィラキシーショック

 

アナフィラキシーの症状

自覚症状は

  • 不安感、無力感
  • 動悸、胸が苦しくなる
  • 鼻が詰まる、喉や胸が締め付けられる
  • 吐き気、頭痛、口の中の違和感、便意や尿意をもよおす
  • 皮膚のかゆみ
  • 唇・手足の痺れ、耳鳴り、めまい、目の前が暗くなる

他覚症状は

  • 冷や汗
  • 血圧低下、脈拍が弱くなる、チアノーゼ
  • くしゃみ、咳発作、呼吸困難、ゼーゼー・ヒューヒューという呼吸音
  • 嘔吐、下痢、糞便、尿失禁
  • 皮膚が白くなるまたは赤くなる、蕁麻疹、まぶたや口の中の腫れ
  • けいれん・意識障害

アレルゲン

  • 食品(最も多い)鶏卵、乳製品、小麦
  • 食品 落花生、そば、果物、大豆 いくら
  • 昆虫 アシナガバチ、スズメバチ、ミツバチに刺される
  • 医薬品 ペニシリンなどの抗生物質、アスピリンなどの解熱鎮痛薬 検査に陥られる造影剤、麻酔薬なども
  • ラテックス ゴム靴、ゴム風船、手袋やカテーテルなどの医療用具
  • 運動 運動中または直後にアナフィラキシーを起こす「運動誘発性アナフィラキシー」

出典:有明こどもクリニック 

まさか手荒れが原因で?

特にアレルギーがないという人でも安心は禁物です。

小児に多い食物アレルギーですが、それまで普通に問題なく食べていた大人が突然、発症するという話をよく聞くようになりました。

しかも、その食べ物を食べ続けた事が原因ではなく、荒れた皮膚を通して物に触れただけで、アレルギーになってしまうこともあるというのです。

最近言われているのが、手荒れや湿疹がひどい状態で食べ物を触り続けることがアレルギー発症の原因になるということ。

 

健康な皮膚にアレルゲンが触れても心配はないけれど、問題は肌荒れや湿疹があるところに原因となる食べ物が触れ続けると、アレルギー発症のきっかけとなってしまう。

わたしはずっと手荒れしていました。

病院にも行っていたけれど、仕事と家事で常にケアすることはむずかしく、手荒れはしょうがないとあきらめていました。

荒れた手で毎日小麦粉を触り続けたわたしは、からだが小麦を敵だと認識してしまったようです。

大人になってから発症した、私の症状 より

体の免疫システムが皮膚に炎症が起きているのを感知し、その時に触れたものをアレルゲンと判断するようになるという仕組みです。

たかが手荒れと放置するのは、怖いですね〜

肌荒れから起こる食物アレルギーを防ぐのに効果的なのが保湿剤です。その正しい使い方を紹介しました。

保湿剤の量

  • クリームタイプ・・・人さし指の第一関節分
  • 乳液タイプ・・・1円玉大
  • ワセリン・・・真珠の1粒の大きさ(人さし指第一関節の半分)

※乾燥肌や脂肌など体質に合わせて調節してください。

保湿剤のぬり方

  1. 保湿剤を手の甲にのせ、両手の甲をこすり合わせて、ぬり広げる。
  2. 指を1本1本手のひらで包み込むようにぬる。
  3. 側面部分をぬる。
  4. 指と指の間をぬる。
  5. 手首をつかんで、一周くるりとぬる。

NHK 食物アレルギー より

異変を感じたら、すぐに救急車を!

命にかかわる危険なアナフィラキシー 症状はアレルゲンを食べてから、わずか数分で起こります。

  • 顔や唇が腫れる
  • 気道が塞がる呼吸困難
  • 吐き気、めまい
  • 蕁麻疹 など

誰にでも可能性があります。 楽観視せずに重症化する前に救急車を呼びましょう!!

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村