情報と環境の取捨選択


ネットでの調べもの

調べ物があると、図書館に出向く事なくネットで調べられる便利な時代です。
しかし情報も溢れ過ぎて、一つのワードを入れても見きれないほどのサイトがピックアップされ、真逆の事を言っている複数の記事あり、あるいは明らかに誤りのまま走っているものもあります。何を信じれば良いのでしょう。

自分にとって有益な情報とは

工夫としては

  • 公式サイトと併せて口コミサイトを見る
  • 旅行先であれば現地の人が言っているものを信じる
  • 価値観が同じ人を見つける

など。

 

また情報を鵜呑みにしないで、自分の価値観と照らし合わせるように心がけてはいますが、性格上、小さな買い物でも迷ってしまいます。

 

そして時間ばかりが過ぎていく・・・という残念パターン

 

本で読んだのですが、ホリエモンさんは豪快です。

(146)自分のことだけ考える。 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書) [ 堀江 貴文 ]

価格:864円
(2018/4/3 13:25時点)

時間を大切にするために時間を奪う人やモノを徹底して排除する為、一定のルールを決めて瞬時に判断し切り捨てます。

電話
メール
近づいて来る人のさばき方が、石やタイルを綺麗に切断するダイヤモンドカッターのようです。
万人から良く思われたいと願っていないので、その所作に、情や迷いはありません。言葉に飾りがなく冷たいと言われることが多いそうですが、実は気を持たせて最終的に断るという方が残酷だと思います。
結果的には、相手の時間も奪わない利点があるので、悪くはないと思います。

なかなかここまで徹底することは難しいですが、エッセンスは取り入れたいです。