小さいくせに厄介なPM2.5 どうすればいい?


最近のお天気予報では、PM2.5の予報も流しています。

PM2.5とは、粒子径が概ね2.5マイクロメートル(μm)以下の微小粒子状物質のことで、その大きさであれば黄砂の小さな粒も含まれます。

どの季節にも、どこにでもあるものですが、特に雪解けの季節になると、中国での大気汚染によって発生したPM2.5や黄砂が偏西風に乗って、大量に日本へ飛んでくることが問題になっています。

PM2.5の大きさの有害物質は微粒子なので、肺の奥深くまで入りやすく、気管支炎、ぜんそく、肺がんを引き起こす可能性があるという厄介者なんです。

特に気管支が弱い人や、体の小さなお子様が心配ですね。

PM2.5の予報

日本気象協会が出しているPM2.5分布予測を見ると、福岡や大阪など西の方に分布が多いようです。
とはいえ、ひどい時はアメリカ西海岸まで飛ぶそうですから、東に住んでいても油断は禁物です。

有害物質PM2.5を回避する方法

  • 出来るだけ、外出を控える
  • マスクをする
  • 洗濯物を外に干さない
  • 家の中に持ち込まない

花粉対策と一緒ですかね・・・

PM2.5に対応したN95マスク

マスクにも種類があり、NIOSH(米国労働安全衛生研究所)規格に合格したN95マスクが有効と言われています。

N95マスク

粒子状物質の吸入防止に用いる。元々は製造・建設現場のマスクとして使用されていたが、結核・SARSなどの感染症防止に効果を上げたことから、マスクは医療関係でも用いられるようになる[要出典]。PM2.5やそれら有害物質を含むヘイズにも有効である。

引用元: Wikipedia

私は花粉症もあるので、外出時にマスクが欠かせません。

しっかり対策をして、健康をキープしましょう!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ