家具や持ち物が凶器に?家の中を再度見わたすと


最も重要な地震対策は、家具の転倒防止

就寝中に地震が起き、倒れてきた本棚の下敷きになり亡くなられた男性のニュースを知りました。

地震情報サイトによると

最も重要な地震対策は、家具の転倒防止です。阪神・淡路大震災による死者は6308人でしたが、その中でも、家屋や家具の倒壊を死因とする割合は89%。なんと、およそ9割にもおよびます。

地震対策のチェックポイント
あなたの家の防災力はどれくらい?

家具の転倒・移動防止対策はできていますか?

家具転倒防止のポイント

  • 連結できる家具は、上下・横・背合わせなどで連結し倒れにくくする。
  • 積載荷重を守って、バランスよく収納する。
  • 重い物を上に収納したり、落下しやすい物を家具の上に置かない。
  • 滑り止めシート、振動吸収材で家具の転倒、滑り防止。
  • 固定金具で家具など床、壁に固定する。
  • 家具転倒防止のつっぱり棒をするなど、家具と天井の間の隙間を埋める。

日頃、家の中は安全だと思って暮らしているのですが、あらためて防災目線で各部屋をみると・・・

キッチンのちょい置き棚に問題点が・・・

物を置きやすい高さの棚、ここに問題がありました。
目線より上にズラリと並ぶ

  • 調味料類
  • ワイングラス
  • 食器などの割れ物
  • ポット
  • 調理器具

これが、一気に落ちて来たらと思うとゾッとします。

キッチン周りのグッズって、気づくと増えてしまいがちなんですよね。
見慣れた風景なので、普段は全く気にしていなかったのですが、写真を撮って見ると客観的に見ることができそうです。

棚にあったものを思い切って処分

りんごのカッター、使いづらかった掃除用具などなど、しばらく使っていないものは思いきって処分することにしました。使っているものは安全な場所へ移動します。

たまにしか使わないお皿も、紙に包んでしまうことにして・・・

モノが散乱して出口をふさぎ、逃げ遅れるという事もあるそうです。

地震は天災ですが、その後に起こる人災は意識して防ぎたいものですね。

 

【追記】思わぬ副産物

キッチンのちょい置き棚から、モノを撤去して1週間が経ちます。すっきりとして見た目も良かっただけでなく、調理時の作業スペースが広がった事でとっても快適です。お掃除も楽になりました♪

 

冷蔵庫地震対策ストッパー 震度6強相当対応 2本入り 冷蔵庫ストッパー 転倒防止 穴あけ不要 接着テープ設置 防災グッズ 防災用品 地震対策[200-QL009]【サンワダイレクト限定品】【ネコポス対応】【楽天BOX受取対象商品】

価格:2,780円
(2018/6/20 12:46時点)
感想(3件)

耐震ストッパー 震度7まで 2個入り キャビネット・テレビ台など用 家具転倒防止 【防災グッズ 防災用品 地震対策】[QL-78]【サンワサプライ】

価格:2,560円
(2018/6/20 12:47時点)
感想(20件)