国民健康保険料が高すぎる! 減免申請にチャレンジ⓸成功〜〜


減免申請が通りました!!

チャレンジして良かったです。

思い返せば、家に届いた国民健康保険の納入通知書の高額な保険料にびっくりして、窓口に問い合わせをしたのが始まりでした。

通知書が届いてから、納期限が14日足らずと迫っている中でのこと。ネットで保険料の目安を調べると、かなり割高なのです。

どうも納得がいかない・・・

納入通知書受け取り〜減免承認までの流れ

6月14日(金) 国民健康保険の納入通知書が届く

6月17日(月) 電話で問い合わせ→減免申請は可能とのこと。7月1日の納付期限があるので、6月中に窓口に出向くようにと。必要書類の案内を受ける 

  • 確定申告書の写し
  • 保険証
  • 印鑑

6月20日(木)役所の窓口へ減免申請へ 必要書類のコピーを取られ、順次書類を記入

  • 減免申請書
  • 現在の収入状況について
  • 誓約書

所要時間は、1時間かかりませんでした・・・

7月5日(金)担当者から電話あり。月収が決まっていないため、1月の収入から年収を推測し、計算根拠とするという方針になったと。

1週間以内に、客観的資料(月収などがわかるもの)を郵送するように言われる。

7月8日(月)1月の収入コピー郵送

7月22日(月) 督促状とともに、納付書が届く。よくよく見ると最初に受け取った金額と変わらない。担当から案内を受けた通り、減免申請中なので、スルー。(誤って支払うと、減免措置は受けられなくなる)

7月23日(火)減免申請承認書類が届く!

年間で、10万円以上納付額が減免されました♪\(^^)/

ただし、注意すべきポイントは、

  • 翌年 確定申告し、差異が生じていれば清算する
  • 今年の分の確定申告書の控えを来年2月末までに、提出しなくてはいけない

以上を忘れないようにしないと、せっかくの減免が取り消しになります。

ちなみに、私は今回の減免された保険料で支払いを2期分済ませましたが、減免された保険料でも払い込みが難しいという人は、再度相談ができるようです。

どんどん高額になっていく社会保険料に追い詰められる前に、保険料の徴収を猶予したり減額または免除することができる制度があるので、役所の窓口に相談するといいですよ。

健康保険 減免あるいは猶予申請ができる要件

  • 災害に遭った
  • 失業した
  • 所得が減少した
  • 生活が困窮した  など

1ヶ月という期間を要し、書類作成ややりとりが厄介ですが、減免申請やってよかったですし、とても良い制度だと思いました

担当者様、大変お世話になりましたm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ