何故すべき事を先延ばしにしてしまうのか


やるべきことは沢山あるのに・・・

何故かすべきことを先にしないで、関係ないことを始めてしまう事って誰にでもあると思います。

試験勉強があるのに、テレビを見てしまったり、何故か現実逃避してしまったりする困った先延ばし行動・・・

◆「先延ばし行動」の問題点と原因
研究チームでは先延ばし行動を「将来の否定的な結果を予測できるにもかかわらず、自らの行動を自発的に遅延させること」と定義づけており、この行動によって人々は目の前にある近視眼的な満足や心地よい雰囲気を得る代わりに、長期的な観点でみた人生の「損失」を背負うことになるとしています。

やるべき事を後回しにする「先延ばし行動」の背景にある「感情」を理解する事で問題解決を狙う取り組み方法とは より

確かにそうです。

あとで困るのは自分だと分かっている → それなのに目の前の心地よいことを選んでしまう

本当にどうしたらいいのでしょうか。


先延ばし行動の行動の裏側にある心理は?

専門家によると、その時の自分の感情の理解が大切なのだそうです。

  1. やる気が起きない、面倒くさい
  2. 不安、自信がない
  3. やりたい事が他にある

ということが、やるべきことを妨げているのでしょう。

対処方法

理想としては、

  • プランや目標を立てる
  • 優先順位をつける
  • 期限を設ける

といったことをして計画的に進める事が出来ればと思います。

その上で、やる気が起きなくても、とにかく始めると、やっているうちに波に乗ってくる可能性もあります。

テレビや、ゲームや食べ物など気が散る場合は、場所を変えて誘惑がないところで集中して行うなど、工夫したり。自分のクセに先回りして手を打つのもいいですね。

最初から大きな目標は立てない

プランを考える時は、ついつい大きな夢が実現できるかのように思ってしまうものですが、経験上これは必ず挫折しますので、なるべく簡単に手の届く目標にしたいと思います。

階段も一段が高いと無理ですから・・・

手の届く目標がクリアできたら、次に進むというように毎日の積み重ねが、最終的なゴールにつながるようにこれからプランを考えてみようと思います。

まずは、今年が終わらないうちに先延ばしのクセをやめたいです(笑)

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村