体の内側からきれいになるピラティス体験! @麻生十番


ピラティスとは

エクササイズの考案者、ジョゼフ・ヒューベルトゥス・ピラティスから名前を取っています。

ピラティス自身、幼い頃から体が弱くリウマチ熱や喘息に悩まされていました。そうした経験から、どうしたら病気を克服し、体を強く出来るのかに興味を抱き、ボクシング、体操、ヨガなど西洋と東洋のあらゆるスポーツやエクササイズに取り組んだと言います。

父親の勤めるスポーツジムで身体をトレーニングしたピラティスは、14歳の頃にはすっかり鍛え上げられた身体となりました。

その後、1914年に第一次世界大戦が勃発、ドイツ軍の従軍看護師をすることになります。

負傷した兵士が寝たきりとなり、体を動かす事が出来ずに筋力が低下するのを目の当たりにしたピラティスは、リハビリ方法を考えます。

ベッドに寝たままインナーマッスルを効果的に鍛え、短時間で運動不足を解消し、筋肉を強化するピラティス・メソッドは、こうして生まれました。

終戦後、アメリカに渡ったピラティスはニューヨークで自身のスタジオをオープンし、アスリートやダンサー、ビジネスマン、医者、富裕層などあらゆる層に指導を行いました。その優れた効果で評判は広まり、ついには整形外科医もピラティス・メソッドの可能性を高く評価し、医療現場でも専用設備をおく病院が現れました。

そして現在、トッププロのスポーツ選手のみならず、年齢を重ねても、病気や怪我に苦しむ人も、誰にでも自分のペースで鍛えることが出来る効果的なエクササイズとして世界に広まっています。

ヨガとの違いは?

ピラティスは、ヨガをもとに独自のメソッドを築いたため、非常に似ている部分があります。

ヨガとピラティスの最も違うところは、

  • ヨガは複式呼吸で副交感神経を活性化し、リラックス
  • ピラティスは胸式呼吸で交感神経を活性化し、頭スッキリ

という効果です。

両方ともストレッチをするという共通点はありますが、ヨガが精神的なリラックスに重点を置いているのに対し、ピラティスはインナーマッスルを鍛えます

手で触れることが出来るアウターマッスルに対し、直接触れる事が出来ないインナーマッスルを鍛えるって、一体どんなことをするのでしょうか?

まずは体験してみることに!

 

新スタジオ basiピラティス麻布十番店へ

2018年11月1日にオープンしたばかりのスタジオでの体験会のお誘いがあり、参加させていただきました。

ドキドキ体験会 当日の流れ

場所:basiピラティス 麻布十番店

13:30 受付開始(受付後着替え)
14:00 体験会、質疑応答
16:00 前に終了

・持ち物:動きやすい服装、お水(スタジオにもウォーターサーバーがあります)、フェイスタオル
※ピラティスマットは無料レンタル、シューズは必要ありません

〜体験会のお知らせより抜粋〜

スタジオまでの道のり

所在地は、東京都港区麻布十番1-7-1 MGB麻布十番 3F

麻布十番といえば、南北線と都営地下鉄の大江戸線 麻布十番駅という最寄りができてからは、ずいぶんアクセスしやすくなりました。

スタジオは、麻布十番駅から徒歩1分という大変便利な場所にあります。

六本木駅からは徒歩で12分かかるのですが、自宅からの路線の乗り継ぎがスムーズな六本木駅から歩く事にしました。

賑やかな六本木の交差点を抜け鳥居坂を目指して、緩やかな坂を下ります。区立六本木中学が右に見えたら、もう3分の1は来ています。坂を下り切ると大通りに出ます。右側に、六本木ヒルズがそびえ立っています。

横断歩道を渡り、ヒルズとは逆方向を大通りに沿って歩きます。

鳥居坂の交差点に着いたら、もうすぐ!

右手にあるMGB麻布十番ビルは、一階にあるFamily Martが目印です。

 

エレベーターで3階まで上がり、スタジオに着きました。

スタジオ到着から着替えまで

「失礼しま〜す」

透明なガラス扉を開けると、

「こんにちは!」

すぐにスタッフの方が笑顔で出迎えてくださいました。

足元に四角に囲われたフラットなスペースがあり、ここで靴を脱ぎます。

名前を告げ受付をした後に、奥の更衣室で半袖のスポーツウエアに着替えます。ロッカーに荷物を収め、靴も下段に収納します。

 

スタジオへin

透明なガラスで囲われたスタジオは、明るい印象です。

窓からは六本木ヒルズが見え、夜景も綺麗そう。

15名くらいが一斉に指導を受けられる空間です。

「どこでも好きなマットの上にどうぞ!」と案内され、中心より少し奥のマット選びました。

レッスン開始まで室内をキョロキョロ。。。

スタジオの一角には人体の骨格見本が置いてあります。理科の実験室を思い出すなぁ・・・

レッスン開始

時間になり、インストラクターのChieko先生が登場!!

まずはお話から。

先生は以前、耳の病気になり 10年は治らないと言われたそうです。何とか克服できないかと模索するうちにピラティスにたどり着き、2年で治ったそうです。 すごい!

そのピラティスが、どのようなエクササイズなのかを人体の骨格見本を手に丁寧に説明されます。

背骨は首から下と思っていましたが、もっと上から始まっているんですね〜 驚きでした。

マットピラティス体験

1時間のレッスンは、マット上のスペースで、ほとんど寝たままの状態で行います。

まずは仰向けになり、呼吸法から。

ピラティスは腹式呼吸ではなく、胸式呼吸で行います。

レッスンの特徴は「Flow」=「流れ」です。体を動かし続けながら、呼吸を止めることなく、自分の内部に意識を向け、骨盤の傾き、背骨の状態を感じながら正しく動かすことを繰り返します。

日常生活の中で、これほどまで自分の筋肉や骨と向き合う事ってなかなかないですよね。

うまく動かせていないかもと思いつつ必死に動かします。

骨盤を傾ける?

背骨の一つ一つを意識して?

自分の体でありながら、見えない場所です。

骨格というのもよく分からず、普段したこともない動きもあるので、きちんと出来ているか全くわかりません。

そんな時、インストラクターの方が優しく正してくれるのが安心です。

「男性は少し足を曲げてもいいですよ」

男性の方が体が柔らかくないからか、その人に応じた無理のない動作を教えてくれます。

正しい動作がわからず、自己流で無理して体を傷める事もありますし、やはりプロの指導の受けないといけませんね。

そしてあっという間の1時間が終わり

レッスン前に少し左腰が痛かったのですが、スッキリした感じです。

呼吸を整え、意識を内部に向けて正しい姿勢になったからでしょうか。

体の内側(背骨の一本一本)と対話し、働きかけながら鍛えられた気がします。

ピラティスで期待される改善効果

  • 肩こり
  • 猫背
  • 腰痛
  • 内蔵の位置
  • 内蔵機能
  • 睡眠障害
  • 自律神経
  • O脚、X脚 など

他にも瞑想したような効果を感じたり、骨格が整い、背が伸びたという方もいるそうです。

全身の細かい筋肉と精神、そして自分をコントロールできる素晴らしいメソッドなんですね。

考案されてから100年近く経つ今も世界中に広まり続ける理由は、その効果ゆえのものなのでしょう。

体や心に悩みを抱える私達には不可欠とも言えます。

basiピラティスでスッキリ! 貴重な体験をした1日でした。