一味違うぞ 「本屋B&B」in 下北沢


電子書籍の売り上げが伸びる中、紙の本の売り上げは13年連続で低下しているそうです。またネット販売の本も好調なので、個人経営のまちの本屋さんが廃業に追い込まれているという話も聞きます。

私自身は、本を買うなら手に取って選びたいので、寂しい限りです。

そんな中 以前から気になっていた下北沢にある「本屋B&B」へ行ってきました。

下北沢から徒歩3分の場所なので、地図をちょっと見ただけでわかったような気になり歩いて行ったところ、実際迷ってしまいました。

ティップネスが入っているビルの中にあるんですね。

入口が少しわかりにくくて・・・看板が目印です。
地下1階なので、階段をおります。

入口は閉まっていて少し入りづらいかも知れません。お隣はサイゼリヤです。

B&Bという名前は、BOOK & BEER という意味なんですね。

B&Bは「これからの街の本屋」を目指します。
 
本には「知」や「エンターテインメント」、
大袈裟にいえば「人生のすべて」があります。
それは素晴らしい「無駄」に満ちあふれています。
 
そんな本との「偶然の出会い」を
街ゆく人の日常の中に生み出すべく手を尽くすこと。
それが「街の本屋」の役割だと、私たちは考えています。

公式ウェブサイトより
http://bookandbeer.com

お店はそれほど広くないですが、木の香りがして落ち着ける雰囲気です。

店内のカウンターで ドリンクを注文して、本を選びながら飲んだり、

店内奥の8席ほどのテーブル席で、お会計前の本を自由に見ながら飲んだり、

テイクアウトもできるようです。

ドリンクは、ビールに限らず、赤ワイン、白ワイン、コーヒー(ホット/アイス)、カフェオレ、チャイも選べます。ほとんどの飲み物が500円で提供されています。

本の品揃えも、大型書店にはない個性的な感じがしました。

下北沢自体が、古い街でありながら、独特の進化をし続ける街であり、その雰囲気にマッチしています。

定期的に開催されるイベントや、朝の英会話スクールもあり、近くに住んでいたら足しげく通いたくなるような本屋さんでした。

機会があれば、ぜひ!!