マイナンバーカードの利用価値。作った方がいい?

最終更新日


マイナンバーカード作成のメリット

マイナンバーの通知が届いた時は、何だかわからないまま、しまい込んでいました。

その後、会社に番号を知らせたり、役所への手続きをしたり、証券会社への登録など、無視できないくらいに何かと出番が多くなっていきました。

それでも通知カードがあれば大丈夫だったのですが、通知カードだと、手続きには通知カードに加え、住民票など別の書類が追加で必要で面倒ではありました。

また マイナンバーカードを作れば

  1. 身分証明書として使える
  2. 確定申告でのICカードリーダー読み込みでe-Taxなどがオンラインでできる
  3. 住民票や印鑑証明をコンビニで取得出来る

というメリットがあることがわかってきました。

1と2は、私にとってはそれほど魅力がなかったのですが、3については、家から役所が遠いので、近くのコンビニで取得出来るということに魅力を感じ、作成する事にしました。

マイナンバーカードの電子申請

申請をするため役所に出向かない方法があるんですね。

通知カードにあるバーコードを使えば、スマホから写真を送り、電子申請完了するという簡単な方法です。もちろん、受取りは役所へ行かなくてはなりませんが、申請は出向く必要なしなので、電車やバスを使って役所を2往復しないで済みます。役所はいつ行っても混雑しているし、平日になかなか行けない場合は本当に不便です。

そして私が電子申請してから2週間ほどで受け取りハガキが自宅に届きました。受取日は何日までにと書いてあり、受け取り期間に行ってきました。暗証番号を設定し、無事受け取る事が出来ました!

コンビニの複合機利用で印鑑証明を取得

昨日初めて、コンビニの複合機で手数料300円で、印鑑証明を取得しました。

基本的に土日や時間の制限もないらしいので、自分の都合が良い時に、さっと取得でき便利です!!

持っているデメリットもなく、今はカード取得が無料ですが今後有料化される可能性もあるということで、私はカードを作ってよかったという結論を出しました!