ペイペイ100億円還元終わりですってね・・・


後発なのに、すごい勢いのある決済アプリ

それも、そのはず。100億円を宣伝費に投じ、大々的なキャッシュバックキャンペーンで大きなお得感を演出したことが功を奏したというわけです。

派手なことやるなぁ〜 ヤフーとソフトバンク!!

ペイペイは今月4日に「100億円あげちゃうキャンペーン」を始めた。支払額の20%分のポイントを還元し、その後の支払いで使ってもらうことが狙いだ。還元の総額が100億円分に達するか、来年3月末になるまで続けるとしていた。13日中に100億円分に達したため、当初の予定から前倒しをし、キャンペーンを終えることにした。40回に1回の割合で、支払額の全額を戻すキャンペーンも合わせて終える。キャンペーンを開始した4日以降、利用が集中し、複数回にわたって、一時サービスが使いづらくなった。ペイペイは、ヤフーとソフトバンクが共同で設立した。

引用元:朝日新聞DISITAL「100億円還元」ペイペイが終了 開始わずか10日で

ボーナス時期だったり、中途半端ではない金額のサービスが人気に火をつけたのでしょう。

キャンペーン後、これから使うメリットある?

使ってみようかと思いながらも出遅れてしまった人には、これからのメリットはあるのでしょうか。

2018年12月14日現在のPayPay公式サイトによると、

  • キャンペーン終了後も新規会員登録で500円相当のプレゼント
  • PayPayでのお支払いで0.5%還元(付与上限5,000円相当/月)

提携する店はこれからも拡大するということと、YAMADA電機やビックカメラ、ファミリーマートなどでも使えるので、日常的に利用する人や高額なお買い物をする時は、0.5パーセントのポイント還元は魅力ですね♪

PayPayでの支払い方法は3つ

  • Paypayマネー ← 銀行残高からチャージできる
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

クレジットカード払いであれば、二重にポイントがたまるというのも嬉しいところです。一方で、PayPayで「クレカ不正利用された」報告相次ぐという不穏なニュースも!

関連記事  ペイペイがらみ、クレカ不正利用に衝撃

今後どんどん進む? キャッシュレス化

2020年のオリンピックを控え、日本におけるキャッシュレス化へのシフトは急速に進む方向にあります。

経産省によると、日本におけるキャッシュレス比率は現状18.4%にとどまるところ、大阪・関西万博(2025年)に向けては、40%の目標を掲げ、将来的には、世界最高水準の80% を目指していくということです。

へ〜 日本ならやりかねませんね・・・

災害時を考えると現金を持つことの重要性もありますが、ATMも減少傾向にある今後は、現金派の皆様も、何か一つではなく複数の決済方法を持っておくのは安心だと思います。

動きの速い世の中、常にアンテナをはって置いてきぼりにされないようにしたいですね!(^^)b

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村