スメル問題 においの傾向と対策


暑くなってくると汗のにおいが気になります。汗自体は無臭ですが、汗をかいた皮膚のタンパク質や脂質に雑菌がついてにおいが発生するようです。

また飲酒 喫煙 ストレス 睡眠不足 肉食 などでも、肝機能が低下し、腸内環境が悪化することで体臭の原因になると言われます。やはり体に負担がかかることが良くないにおいを発生させるのですね。

そんな臭い対策は原因によって二つに分類されます。

汗や皮脂が原因の臭い対策

  • 汗を拭く におい発生まで1時間かかるので、その前に濡れたシートやタオルで拭き取る。乾いたタオルだと皮膚センサーが乾燥しているとみなし、更なる汗かきの原因になる。
  • 身体や衣服を清潔に保つ

ジアセチルを発生させるミドル脂臭と言われる30~40代のにおい

  • 後頭部を入念に洗い、頭皮を清潔にする
  • 脂肪の多い食事を避ける

足のにおい

  • 足の指と指の間をよく洗う
  • 蒸れないようにオフィスでは靴は履き替えたほうが良い

 

身体の中の酸化が原因の臭い対策

ノナネールという成分が原因で発生する加齢臭

  • ウォーキングなどの有酸素運動をする
  • 抗酸化物質を摂る

口臭

唾液の分泌を増やす為に

  • 水を飲む
  • 良く噛む
  • 舌の体操

疲れるとアンモニアのような体臭になる疲労臭

  • ゆっくり入浴
  • 暴飲暴食をしない
  • 適度な有酸素運動をする

 

以上
においによって様々な対策があるようですが、万能な対策として

  • 野菜 ナッツ 大豆製品など、抗酸化作用のある成分や食物繊維をより多く摂取する
  • においを抑える作用があるクエン酸を含む お酢 レモン グレープフルーツ 梅干しを摂る事

が有効だと言われています。

結局は、ストレスをためずに健康に良いことを実践することが、汗対策にもなるんですね!!