ステイン撃退! 歯みがきは悩みに応じて選ぶのが大切な理由


歯みがき剤の役割 虫歯予防にもステインにも

歯みがき剤は補助的なもので、何を使っても一緒だと思っていませんか?

私もそうでしたが、それぞれの製品で成分も効能も違い、

  • 虫歯を予防したい
  • 歯の着色が気になる
  • 歯を白くしたい
  • 歯周病を防ぎたい

悩み別に重点を置いた製品選びがかなり重要なのです。

 

歯みがきに含まれる成分の働きと主な成分

歯みがきの裏面には必ず「成分」という欄があり、いくつかの<基本成分>と<薬用成分>が書かれています。下記に歯みがきに配合されている代表的な基本成分とその役割、求める効果によって配合される薬用成分とその役割についてご紹介します。

<基本成分>

●清掃剤(研磨剤)

働き:歯の表面を傷つけずにプラークやステインなどの歯の表面の汚れを落とす。
主成分:リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウム

●湿潤剤

働き:歯磨剤に適度の湿り気を与える。
主成分:グリセリン、ソルビトール

●発泡剤

働き:口中に歯磨剤を拡散させて洗浄し、汚れを除去する。
主成分:ラウリル硫酸ナトリウム

●粘結剤

働き:粉体と液体成分とを結合させ、保型性を与えたり、適度の粘性を与える。
主成分:カルボキシメチルセルロスナトリウム、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン

●香味剤

働き:香味の調和を図る。爽快感と香りをつけ、歯磨剤を使いやすくする。
主成分:サッカリンナトリウム、メントール、ミント類

●保存料

働き:変質を防ぐ。
主成分:安息香酸ナトリウム

<薬効成分>…下記のうち、1つか2つ含まれていることが多い

●働き:齲蝕(虫歯)予防

主成分:モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化ナトリウム

●働き:歯肉炎予防

主成分:塩化セチルピリジニウム、塩化ベンザルコニウム、トリクロサン

●働き:歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防

主成分:塩化クロルヘキシジン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、β-グリチルリチン酸、ビタミンE、塩化ナトリウム

●働き:プラークの分解

主成分:デキストラナーゼ

●働き:歯石沈着防止

主成分:ポリリン酸ナトリウム

●働き:知覚過敏抑制

主成分:乳酸アルミニウム、硝酸カリウム

●働き:タバコのヤニ除去

主成分:ポリエチレングリコール

歯みがき(歯磨き粉)の成分と役割 より

あらゆるトラブルの中で、日常的にコーヒーや赤ワインを飲む人に、気になるのがステイン(歯の着色)です。笑った時にも目立ちやすいんですよね〜

気をつけて歯を磨いていてもいつの間にかついてしまうステイン・・・

一体 どういう風に出来てしまうのでしょうか。

ステインの原因

歯のエナメル質の表面は、ペリクルという薄い膜で覆われています。この膜に、紅茶、緑茶、コーヒーに含まれるタンニンやタバコのヤニなどが付着してステイン(着色汚れ)になります。

ステインの予防方法とケア

ステイン(着色汚れ)の原因となる色素やタバコのヤニなどは、日々の生活の中で少しずつ蓄積されていきます。

特にタバコのヤニの成分であるニコチンやタールは褐色に変化する上、唾液中のカルシウムなどと結びついて歯に固着し、黄ばみやくすみにつながります。

しかし、固着するまでには何日もかかるので、毎日正しい歯磨きをしていれば、黄ばみやくすみを防ぐことができます。

ステイン除去に効果的なハミガキ剤で、歯垢(プラーク)が残りやすい歯と歯の間や歯列のくぼみなどを、工夫して歯磨きしましょう。

ステインや歯の汚れ クリニカ より

日々 蓄積されてしまう嫌〜なステイン!
このステイン除去に効果のある歯みがき剤を使うようにしたところ・・・

6ヶ月に一度の定期検診でも効果を実感

忙しい時こそ歯を大切にでも触れていますが、奥歯が突然かけて以来、6ヶ月に一度、歯科検診に行くようになりました。

以前は、色素沈着や歯肉の削れなど指摘される事が必ずあったのですが、先日の検診で口腔の状態がとても良いと褒められたのです!

特に色素沈着、歯石が少ないという事でした♬


この歯みがき剤のおかげ!

考えられるのは、この歯磨きを使い続けたからだと思うのです。ホワイトニング効果もあり、スッキリした味もとても気に入っています。

↓↓↓


スマイルコスメティック ホワイトニングペースト トラブルケア 85ml

 

そこまで効果を期待していなかったのですが、これを使った人も「最近 歯が白くなってきたかも」と言っていたので間違いないと思います。

むし歯予防だけではなく、悩みに応えてくれる製品を意識して歯みがきを選ぶ事が大切なのですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村