ケンカをやめて〜米中貿易戦争 生活への影響を考える

最終更新日


経済大国のつばぜり合い

お互いが世界1位と信じてやまない米中両国の意地のぶつかり合いが起きています。いつ収束するのか今の所はわかりません。

そもそも発端は?

もともと「米国第一主義」を掲げたトランプ大統領の行動から始まりました。

きっかけは「米国第一主義」を掲げるトランプ米大統領の誕生だ。米国は底堅い経済成長を背景に輸入が増加し、モノの貿易赤字が2017年に前年比約8%増の7956億ドル(約88兆円)に達した。このうち中国に対する貿易赤字は全体のほぼ半分に相当する3755億ドル。

貿易赤字の削減を目指すトランプ氏は3月、安全保障が脅かされるとして中国を主なターゲットに、鉄鋼とアルミニウムに高関税を課す輸入制限を発動。これに対し中国も報復関税を課した。

米中貿易戦争、日本への影響は? より

追加関税発動の無限ループ

「米国第一主義」

アメリカが貿易赤字の削減を目指す

相手国に関税をかける

中国の対抗措置 アメリカに関税をかける

アメリカが中国に追加関税をかける

中国がアメリカに追加関税をかける

∞無限∞

 

本当に困ったものです・・・

日本経済への影響は?

収束の動きが見られない貿易戦争ですが、私たちの暮らしにどのくらい揺さぶりをかけてくるのでしょう?

世界的に景気が悪化すれば、輸出主導型の日本経済にも悪影響が及ぶ。貿易戦争のリスクが高まるほど、相対的に安全な通貨とされる円が買われる可能性があり、円高が進めば、日本企業の輸出の採算悪化にもつながる。

 

米中貿易戦争、日本への影響は? より

今後 円高は避けられないのでしょうか!?

円高のデメリットとメリットは?

円高のデメリット

  • 日経平均株価が下がる
  • 外貨預金が目減りする
  • 輸出企業の業績悪化
  • デフレが進む

ハイテク産業や自動車産業といった輸出企業の割合が多い日経225主要銘柄は、株安が進むでしょう。裏を返せば輸出企業以外、少しは影響が少ないということでしょうか。

円高のメリット

  • 海外旅行の費用が安くなる
  • 輸入品が安くなる
  • 原油のコストが下がる

物価が下がることは庶民の生活にとっては嬉しい反面、給与も上がらないということですから、消費は冷えますね〜

備える

世界経済は庶民一人の力では動かすことは出来ないですが、防衛策を持つべきでしょう。

ドル建ての外貨預金は利率も良いので円高時に預金し、その後 円安にふれたら、いい結果になります。円の預金をドルにするのも良いかもしれません。

しかしながら、円安時に外貨預金を100%にすると、円高に傾いた時は資産は目減りします。

そういう特性を踏まえて、リスクを分散しながら資産を持つのが、大切ということですね〜

 


覚醒する大円高


厳しい時代を生き抜くための逆張り的投資術


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村