もう一度確認しておきたい危険な熱中症


連日の酷暑

この暑さはいつおさまるのでしょうか。

ニュースではこの夏の酷暑が伝えられ、連日 熱中症への厳重警戒が言われています。

熱中症にかかったことがない私は、そうなったら水分補給すればいいのかなくらいにライトな感覚でいました。

 

しかし、そういう人ほど注意が必要で、ちょっと調子が悪いくらいに思って自覚症状がないという状態を放置し、重症化するケースが多いらしいのです。

そして怖いのが、熱中症が重いと日常生活に回復するまでが本当に大変だという事です。

熱中症のメカニズム

そもそもどういう状況で、熱中症が起きてしまうのでしょうか。

 

気温・湿度が高い

↓

汗をかく

↓

身体の水分が減る

↓

体温が上がる

↓

脳を含めた重要臓器の機能低下

↓

身体から熱が逃げなくなる

↓

けいれん・めまい・湿疹・頭痛・吐き気・意識障害

 

  • 塩分の減少は、筋肉に痛みを伴うけいれん
  • 水分の減少は、重度の脱水症状になり痙攣、意識障害

と深刻な事態になってしまうのですね。

もともと疲れていたり、体調不良の時は起こりやすく放置すると深刻な症状になるので、初期段階にしっかり処置するといいそうです。

 

熱中症の三段階

重症度によって、次の3つの段階に分けられます。

 ・Ⅰ度: 現場での応急処置で対応できる軽症

…… 立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)
筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)
大量の発汗

 ・Ⅱ度: 病院への搬送を必要とする中等症

…… 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

 

 ・Ⅲ度: 入院して集中治療の必要性のある重症

…… 意識障害、けいれん、手足の運動障害
高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

みんなの医療ガイド 熱中症についてより

熱中症かな?と思ったら

  • 日が当たらない場所に避難
  • 服を緩める
  • 冷たい水やお茶を飲む

以下の場合はすぐに救急車だそうです。

  • 汗が出ていない
  • 自分で水が飲めない
  • 意識がはっきりしていない
  • 処置しても症状が良くならない

日頃からの対策

かなり言われていることですが、

  • こまめに水分補給、休息
  • 暑くなったら、涼しい場所に移動

 

シンプルながら、仕事が忙しい時や 外出先ではついつい忘れがちです。

特に小さなお子様は、自分でうまく症状を言えないので周囲が気づいてあげる事、大人でも頭痛や倦怠感など、通常なら我慢しがちな症状も軽視しないことが大切なんですね。

本当に暑い日が続きますが、元気に夏を乗り切れますように!