もう一度おさらい 日焼け止めの塗り方と直し方


つけただけで安心しがちな日焼け止め

朝一度つけて一日中OKのような気がしていた日焼け止めですが、そうではないという事が結果に出ています(;_;)
しかし、あきらめず今からでも正しい塗り方をしないとですね。

日やけ止めの効果的な塗り方

さすが化粧品メーカーさん、わかりやすくハイクオリティな動画です。

  1. 日焼け止めを顔の5箇所(おでこ 頬×2 鼻 顎)におく
  2. 内側から外側に広げてのばす(塗り残しがないように隅々まで・・・)
  3. 最後に首筋にもなじませる(フェイスラインから胸元まで)
  4. 耳や襟足も忘れずに塗る

こんな時は2度塗りを!

  • ファンデーションをつけないとき
  • 絶対に日焼けしたくないとき

腕の塗り方

  1. 容器から直接塗る
  2. 大きならせんを描くようにのばしていく
  3. 腕の内側も丁寧に隅々までのばす
  4. 手の甲や指の間も!

 

やってなかった〜(><)こんなに丁寧にやらなくてはいけなかったんですね・・・

日焼け止めを塗る時の注意点

そして、うっかりしがちなNGポイントもあります。

  • 乾燥した肌に塗る×・・・日焼け止めを塗る前に化粧水などで肌を整える
  • すりこむ×・・・肌に刺激が加わるので丁寧に塗る
  • 日焼けする直前に塗る×・・・肌になじむ前に日に当たるのはNG

日焼け止めの塗り直し方法

日焼け止めの効果を保つため、2~3時間おきにつけ直すのがおすすめです。

また、以下のような場合にも注意しながらつけ直してください。

①汗をかいたり、タオルで拭いた後、長時間泳いだ後などは、必要に応じて塗り直す。

②紫外線に敏感な人や、日焼けしやすい肩・胸・額・鼻・ほお骨などの部位は、状況に応じてつけ直す。

③肌が濡れている時は、しっかりと水気をとってからつけ直す。

④タオルで強く拭いた後などは、必ずつけ直す。

その塗り方、大丈夫?意外に知らない日焼け止めの基本「塗り方」と「盲点」とは?より

汗をタオルでふいた場合は、日焼け止めも落ちていると言われています。テレビでメイクアップアーティストの方が言っていたのですが、タオルで顔を拭くとお化粧も崩れるので、スポンジを使って肌を抑えるのが良いそうですよ。

【お得な2個セット!】【激得価格1個当たり1,667円】送料無料!ノンケミカル/SPF50/PA 天然ミネラル100%の日焼け止めパウダー(パウダーUV)トゥヴェール楽天★ミネラルサンスクリーン 2個セット

価格:3,600円
(2018/8/1 08:50時点)
感想(2371件)

紫外線予報 ノンケミカルUVクリーム(40g)【紫外線予報】【送料無料】

価格:1,944円
(2018/8/1 08:53時点)
感想(15件)

塗り直しも重要だということがわかりました。
日焼け止めの正しい塗り方と直し方をして、安心して外出したいですね〜