むしろ雨の日の方が、花粉症が重くなる理由



花粉の事を考えない日はないこの時期、花粉情報をマメにチェックし、飛散量を確かめて外出するようにしています。

花粉が多く飛びやすい日について、よく言われているのが、

  • 気温が高く、晴れている日
  • 強い風が吹く日
  • 湿度が低い日
  • 雨が降った翌日

ということで、雨が降る日は、花粉は多くないと思い安心していたのにアレ?って事ないですか?

何故か雨の日は、鼻の通りが悪くなったり、頭が重くなったり、けっこう花粉症の症状がひどいのです。

周囲でもそういう人が多くて「雨なのに、症状重いよね〜」という話になり盛り上がります。

天気が悪いと体に変化が起こる

これについては、以前 気象病を防ぎたいでも、話題にしました。

天気が悪い → 気圧が低い → むくみ、血圧が下がる、だるくなる などの不調が表れやすくなり、体が休眠モードになるのだとか・・・

また、低気圧がアレルギー症状を悪化させることがあるようなのです。

低気圧でヒスタミンの分泌が増える

ヒスタミンによる追い打ち-アレルギー症状、弱点が強くでる

これに加えて、ヒスタミンという体内物質の分泌による追い打ちがあります。ヒスタミンは外部刺激があると肥満細胞といわれる細胞から分泌され、免疫活動に指令を出す働きをします。しかしこれも過剰に働いてしまえば、花粉症を代表とするアレルギー症状となります。最近、低気圧にさらされるとヒスタミンの分泌が増えることがわかりました。副交感神経の過剰な働きに加えてヒスタミンの過剰な作用も加わり、「不調」もひどくなってしまうことになります。
・ 免疫の過剰反応→アレルギー症状
(鼻水、くしゃみ、かゆみ、喉のはれ等)、関節の痛み
・血管浸透性を増す→血管から水分がにじみ出る→いっそうむくみ
・血管拡張作用→いっそう血圧がさがる


低気圧によるヒスタミン分泌促進に関しては詳細なしくみは完璧には説明されていませんが、異常な気圧の変化を「外部刺激」ととらえていると考えられます。

引用元:低気圧と体調の関係 自律神経の葛藤

体内では主に、肥満細胞に貯えられ、刺激に応じて放出されてアレルギー反応に関与するヒスタミン。低気圧もその刺激の一つだったというわけですか。

何だか非常に納得がいきました。

ヒスタミンの放出を抑制するには?

ビタミンCが有効だという研究結果が出ています。

ビタミンCを多く含む食品

  • みかん
  • いちご
  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • ピーマンなどの野菜
  • いも類
  • 緑茶

人の体内では、ビタミンCを合成することができないビタミンC。

美容効果も高いので、積極的にとりたいですね♬

にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村