ほしい事 ほしいサービス

最終更新日


Amazon GOの1号店が2018年1月 アメリカ シアトルにオープンし話題になっています。

この店はAmazonが運営するノーレジ・ノー従業員の食料品店です。システムとしては、Amazon Goアプリをダウンロードした買い物客が店舗入り口にある機器に、QRコードを表示し入店。その後は自由に店内をめぐり、気に入った商品があれば専用バッグに入れるシステムという事です。

一度カゴに入れた商品を迷って商品棚に戻す事があれば、会計には反映されず、買い物を終えて店外に出れば自動会計されます。直後にメールが届きクレカから引き落とされる明細を確認できるようです。

画期的ですね!

ここまで人の手をかけないのは究極ですが、アメリカの労働環境は実に合理的です。

労働生産性は世界1位で、それに比べ、日本は半分だそうです。

長時間労働や過労死が社会問題化している中で、いまだに突破口が見出せない働き方のシステム・・・

至れり尽くせりで、顧客としては恐縮するくらいに日本は親切過ぎると言われます。

サービスを受ける側としては、それほど丁寧にしていただかなくてもセルフでやるので、その分安くしてほしいと思います。

一方で、体が不自由な方などはレジのカゴを運んでもらったり、手助けしてほしいと考えると思います。

サービスされることが当たり前、サービスははタダという感覚ではなく、その場合はチップのようなものもありではないでしょうか。

私自身も、デパートで少々高価でもゆったり買い物をしたい時もあれば、手早く買い物をしたい時はセルフレジのある店を選んだりしています。

お金を払ってもサービスを受けたい人は、安さを求めず

サービスは不要だと考える人は、セルフのお店

労働者が疲れ切ることがないよう、働いた分、しっかりと賃金を得られるような仕組みになれば良いですね。