つみたてNISAについて調べて見た


2018年1月から始まったつみたてNISAに人気が高まっている様です。
税制優遇を受けながら積立投資ができる制度というのは、何となく知っていましたが、一般のNISAやiDeCoとの違いはどの様なところなのでしょうか。

 

引用元:

つみたてNISA(積立NISA)とは?メリットは?やさしく解説します

一般NISA つみたてNISA
利用できる人 日本に住む20歳以上なら誰でも
新規に投資できる期間 10年間
(2014年~2023年)
20年間
(2018年~2037年)
非課税となる期間 投資した年から最長5年間
(ロールオーバーを利用して最大10年間)
投資した年から最長20年間
年間投資上限額 120万円 40万円
累計非課税投資上限額 600万円 800万円
投資対象商品 上場株式(ETF、REIT含む)、投資信託 金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETF
投資方法 一括買付、積立 定期かつ継続的方法による積立のみ
資産の引き出し いつでも引き出せる
損益通算、繰越控除 できない
金融機関の変更 年単位であれば可能

 

一般NISAに比べ、つみたてNISAは年間投資限度額が少ないけれど、長期に運用でき非課税限度額も200万円多いんですね。

また金融庁が定めた基準を満たす銘柄に限られ、100円からはじめることができるというのが、投資初心者には向いているのではないでしょうか。

 

そして最大の魅力は
利益にかかる税金が0%ということですね!

通常の預金で利益が1万円であれば、20.315% 課税されて 約7969円 の受け取りのところ、
0%のNISAは 1万円まるまる受け取れるというわけです。

一方で、必ず利益が出るという保証はなく、損失が出た時に損益通算ができないというのはデメリットだと思います。

またつみたてNISAと一般NISAは同時運用できないので、どちらかを選ばないといけません。

年間40万円以上投資をしたい、株式を含め、より多くの投資対象から積極的に選びたい人は一般NISA

投資銘柄が金融庁が定めた基準を満たす「投資信託」「ETF」で、少額からコツコツ長期的に積み立てたい人はつみたてNISAを選ぶといいかもしれません。

 

以前 「厚生年金の支給68歳開始案が出た」https://wp.me/p9F8Do-eN
で少し触れたiDeCoと、つみたてNISAとの違いはどうでしょうか。

引用元:

つみたてNISA(積立NISA)とは?メリットは?やさしく解説します

iDeCo つみたてNISA
利用できる人 20歳以上60歳未満なら原則誰でも※1 20歳以上なら誰でも
税制 積立時 掛け金全額が所得税額控除 所得控除の適用なし
運用中 70歳まで運用益非課税
(積立は60歳まで)
20年間運用益非課税
払い出し時 元本も含めて原則課税
(退職所得控除または公的年金等控除の適用あり)
非課税
年間投資上限額 働き方や勤務先の年金制度により
14万4000円~81万6000円
40万円
投資対象商品 預金・保険・投資信託 金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETF
資産の途中引き出し 原則60歳になるまで不可 いつでも可能
口座開設手数料
口座管理手数料
口座開設手数料:2777円(税込)
口座管理手数料:年間2004円〜7000円程度※2
無料
最低加入金額 5000円 なし

※1 国民年金保険料未納の人は加入不可。企業型DC加入者は「マッチング拠出」がなく、規約に「iDeCoに加入できる」旨の記載、拠出限度額の引き下げを行えばiDeCoに加入可能。

※2 金融機関によって異なる。

税制面で言えば、運用利益が出ればメリットが出るNISAと、掛け金そのものが、全額所得控除で節税できるものの60歳まで引き出し不可のiDeCo、それぞれの特性を活かしながら、しっかり貯蓄していけると良いですね!!