【防災】停電 これからの為にできること


大地震発生後の停電

強力な台風が通り過ぎたと思ったら、北海道で大地震が起きました。

台風はあらかじめ進路や傾向が分かり覚悟が出来ますが、地震は24時間365日いつどのような規模で起こるのかは予測が出来ません。

今回 北海道で大地震では土砂崩れがひどく、大規模停電も起きてしまっています。

そんな時どうしたら、いいのでしょうか。

火災など二次災害を防ぐために、

  • 電化製品のプラグを抜く
  • 避難する際は、ブレーカーを切る

という事が大切なんですね。

今後のため情報入手が重要

停電してしまった場合、テレビをみることが出来ず、情報源が限られます。

まずは、スマホの電池は極力節約をしないといけません!

スマホは「液晶の明るさ」が電池を消耗する

スマホバッテリー節約3つの方法

1:液晶画面をできるだけ暗くする設定にする

設定→画面の明るさなどで、スライドバーを下げできるだけ暗くします。暗い場所で使うことを心がけ、最低の明るさにするのが理想です。これで電池の保ちが大幅に延びます。

2:アプリ通知を切る・ロック時間を短くする

次はアプリの通知を切ること。通知で画面が明るくなることを避けるためです(電波を使わない効果もあります)。全アプリの通知をオフにするのが理想ですが、家族と恋人のLINEだけ通知を有効にしてもいいでしょう。
次にロックまでの時間(スタンバイまでの時間)を短くします。これも液晶点灯時間を短くするためです。

3:圏外になったら機内モードにする

停電が続く場合、携帯電話サービス自体が止まる可能性があります。サービスが止まって「圏外」になると、スマホは最大出力で電波を探すため、バッテリーを大きく消費します。圏外になったら「機内モード」にしてください。もし利用できるWi-Fiがあるなら、Wi-Fiで接続するようにしましょう。

北海道地震大停電:スマホのバッテリー節約テクと災害時スマホ利用法 より

 

モバイルバッテリーも入手しておきたい

スマホの命綱 電池切れを起こさない為に、モバイルバッテリーは用意しておきたいですね。

種類がたくさんあるので迷ってしまいますが、ポイントは以下の通りです。

  1. モバイルバッテリーの容量「~mAh」の数値が大きいほど充電できる量や回数も多くなる・・・5000mAh程度で1回充電できる
  2. 「充電タイプ」と「乾電池タイプ」の2種類がある
  3. 3割くらい充電ロスがあるので、少し余裕のある容量を選んでおく
  4. 10万mAh以上の超大容量だと災害時やアウトドアで役立つ
  5. 容量が大きくなるほど重量も増える

乾電池タイプは簡易ですが、繰り返し使うなら断然 充電タイプです。

  • 急速充電で大人気のアンカー製品

2つポートがあるので、2台同時に充電可能です。


Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 軽量 コンパクト モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android他スマホ対応 【急速充電技術PowerIQ搭載】 3A出力

 

  • 大容量で安心の50000mAh

iPhone17回分充電&LEDライト付きです♪


★あす楽対応★ 超大容量 チーロ モバイルバッテリー cheero Power Mountain 50000mAh Power Delivery 対応 LEDライト USB C 入出力口 iPhone & Android 対応 3ポート 急速充電

使い方に合わせて上手に選びたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ