『半分、青い。』鈴愛ちゃん NHK連ドラのセリフが物議


何もない・・・

「私は この夏で28だ!」「でも結婚もしていない 恋人もいない 漫画もどん詰まり!」
「私には何もない」
このセリフが朝からしんどいとツイッターで言われていました。

 

 

皆をしんどくさせる 結婚 恋人 仕事の理想

そうですね〜

理想的な相手と巡り会い、結婚に至り、子供も出来て、仕事もイキイキとこなしている絵に描いたような幸せな人生の見本・・・
そのステレオタイプ(古典的な類型性)、誰に刷り込まれたのでしょうか?

 

型からはみ出す人を批判する社会

結婚しない人、子供を持たない人が一部で非難されてしまっています。独立して人にも迷惑かけていないのに・・・

親世代や親戚や政治家の圧

これにより、本当は同性が好きなのに異性と結婚し、子供を三人もうけ周囲にアレコレ言われない状況になった後に、同性の恋人と毎週遊んでいる人がいる、しかも社会的に地位のある人に多いらしいと人から聞いた時に、何かが崩れ落ちる感覚でした。

どこまでも追いかけてくるノルマ

結婚したら、次は「子供はまだ?」
一人産んだら、「二人目はいつ?」
女の子を産んだら、「次は跡継ぎとなる男の子を産みなさい」
子供が成長したら、「学校はどこ?」

何気なく言われた言葉が重いです。
そんなに周囲の期待に応え続けなければ、ダメなのでしょうか。

呪縛から解放されていい

人として
男として
女として
画一的な一人前の形を目指して頑張るのも良いですが、

もしも、それが苦しい事ならば、枠から離れて自由に生きていいと思いますし、そういう人っていいなと思います♪

人は人、自分は自分です。

悩める鈴愛ちゃん達、自分の価値観で生きてください。ファイトですよ〜!!